2010年07月25日

暗い中出航

ケンさん曰く
マツさんがPASSなら、3時集合4時出航
おいおい
4時は未だ暗い
で、3:20集合、4:20出航とした

で、ケンさん、朝早くして、何をしたいの?

と問えば、

福浦で、本当の朝まずめを試したい・・・とのこと

結果は、効果なし
オラが小アジを2匹釣って、
小口で待っても、つれず、
7時、キス釣りに雄島へ

キス+豆アジは、手堅く釣れた。

ケンさん キスも豆アジも10匹ちょっとずつ
オラは、キスもアジも20匹くらい

9時半もう帰ろうと言い出すケンさん
ちょっと、強引にもう一度、福浦へ

11時半、粘ってオラには大アジ1匹と中アジ1匹
で、延長戦に入ったが釣れる様子がなく、12半終了

風は強かったが、曇っていて暑くなく良かったのですがね〜

最近のシゲさん、腰痛で死んでます
そこで、少ない釣果から、10匹ずつおすそ分けしてあげました。

まあ、お天気が良過ぎですよね
低気圧が来てる方が、釣れると思うのは、わたしだけでしょうか・・・

2009年08月24日

シゲさんご一家のキス釣り

シゲさんの娘ちゃん2人とキス釣り
アジ釣りもしたが、シゲさん一家はボーズでした

シゲさんは、娘2人の世話で忙しく、一本は出してましたが・・・

シゲさんのキス釣りは、置き竿が基本
娘2人にアオムシ付けて、セットしてやって、アタリを見張らせる

パパーきたー
慌てず巻けー
早すぎる!もう少し待ってから巻けー

これだけで、ボートでのキス釣り経験者には、ノウハウが色々読み取れるでしょう(笑)

何匹釣ったのかは聞いてませんが、ご一家で20匹は十分越していたと思います。

オラは、大アジ3匹、キス30匹以上。。。数えませんでした

病みあがりのシゲさんのお世話をしながら、楽しい釣りでした
子供が居ると楽しいねえ
ラベル:キス釣り

2008年08月13日

キス釣りチャンピョン

キス釣りチャンピョンとはマツさんのことです
暁丸で昔一回だけ(もう一回やったような記憶も?)やったキス釣り大会
マツさんが優勝したんです


そして、先回も日誌に書きましたが、ゴムボートでエサ、時間は無制限で50匹の記録をマツさんは持っています

その記録を破ったので、マツさんがそしらぬふりをしながら、荒い鼻息がアッシには聞こえている(笑)


雄島の南で流す(東の風。この間は北風)
しかし、ほとんど風がなく流れない
前回のように早く流れないと、たくさんのキスを拾えないのだと思う


先回のように入れ食いにならず、ポツリ、ポツリと釣れるペースだ
2時間ほどで、飽きてくる
エサを半分残し、帰りにもう一回釣ることにして沖へ


今日は、メダイ、マダイを釣るのだ
アッシは明日、七尾のお里でバーバキュー会があるのだ
墓参りをしてから、従兄弟が釣ってきたハチメ、イカ、アジで毎年、宴会をしている


そこへ、アッシは毎年「アカイカ」を刺身で提供してきたが・・・ご存知、無い(涙)
そこで、代わりに50cm越えのマダイをドーンと自慢したいのだ

沖も風波がなく絶好の沖釣り日和だ

アッシは5mの天秤ふかせを一本出して、もう一本はメタルジグで電動ジギングを始める

ケンさんは電動が動かねえ・・・とぼやいている
と言いながら、もう一本は問題なく動き釣り始める
(何故、動くほうを先に出さなかったのかは不可解)


トラギスが小さい当たりで遊んでくれるが、メダイ、マダイの強烈な引きはない
しかし、ケンさんが「来た!」と電動が動かない竿を一生懸命巻きはじめる
やむを得ず、アッシはタモを持って横につく


上がって来たのはハナダイ30cm
胴付き6本針の真ん中の針にかかっている
ケンさんが嬉しそうに外しているが、一番下の針のももう一匹かかっているわ

それを教えて、焦らせてやる(悔し紛れの意地悪だ)


しばらくして、マツさんにも来た
上げると、キジハタ35cm


アッシだけヒマー
しかも、無風炎天下で暑い暑い

最後は、マツさんがイカ釣りしようと言い出す

アッシもつられて、暑い中でシャクル
言い出しっぺのマツさん、早々に「暑い、もうやめた」とサジを投げる

11時くらいで、もうやめよう・・・と合意


湾内に帰る途中から急に風が出てくる
福浦まで戻り、アンカーを入れてアジ釣り開始
船首を独り占めするマツさんが入れ食いモード


アッシはポツポツ
ケンさん、しらー
ボートのアジ釣りは釣り座です

1,2mの場所の差で釣果にはっきり差がでます

しかし、今日の満潮は11時くらい
12時を過ぎ、12時半になると話しが変わる

今度はケンさんが入れ食い

マツさん「なーも釣れん」とボヤキ
真ん中のアッシの釣果はポツポツ


結果、アッシはキス30、アジ6で終了
マツさんは、キジハタに20cmくらいのナメラ1匹を追加し、キス30、アジ15(推定)
ケンさんは、30cmマダイ2、キス30、アジ10(推定)

 

2008年08月07日

キス66匹、自己記録更新

 

今日は風が少しあり、沖には出れないので、
湾内でキスとアジだけ狙おうとタキやんと出航しやした。

朝5時、北東の風で、鳥毛造船所の前は少し荒れている
昔、暁丸に乗り始めたころは、この荒れ方をみて諦めて帰ったものだった

今では、鳥毛の前だけで雌島雄島、福浦に出れば釣りができるレバルだと判断できるようになった。


雌島雄島に着くと、一隻ボートが居る
イイダコ釣りでよく見かけるシーアンカーを入れている
長い棒を錘にして四角い帆のような格好でボートの側面に出すやつだ


さて、雄島の東から南東側を流す
アッシは竿を2本出す

自作の3本針を放り込むと、面白いように穂先に付けた鈴が鳴る

竿を上げて取り込んで、エサを付けて放り込む
そのときには既にもう一本の竿の鈴も鳴っている


一流し目は、全く休む暇がなかった
二流し目も同様、楽しさ半分で釣りから漁業になってくる
三流し目で少しペースが落ちてくるが50匹に到達


マツさんが持つ記録を塗る変えた
と言っても、マツさんとの記録は2人でゴムボートで釣ったもの
場所は穴水の新崎、中居の奥で、途中エサも追加で買っての記録


先回の47匹の時もアオムシ300円で何匹釣るかの記録だ

50匹を達成したところで、仕事をしているマツさんとケンさんに自慢メールを入れた

そして、結果、66匹でエサ切れで終了
自己記録更新!
3時間かからなかった
タキやんはキス38匹だったそうです


さて、次はアジ釣り
小口までも行く元気がなく、福浦でアンカーを入れる
いつもより南側に、途中でアンカーを入れなおしもして3時間粘った結果
タキやんアジ9匹、アッシはアジ6匹、小鯛1匹


針に掛かった数はその倍だったが、二人とも2匹に1匹は逃げられた
アジは元気な日とおとなしい日がありますねー
元気な日は、スズキじゃないけどエラ洗いされて、ばらすことが多いです

2008年07月24日

タキやん親子、満足

大学生の息子が帰郷するので、暁丸でアジ、キス釣りたい
と、タキやんから連絡が入った

快諾し出航!
しかし、天気予報は土砂降り
前夜遅くに予報が変わり、雨は少々だが、風が出てくる

まあ、風も湾内なら十分出れるレベルを判断し決行した

七尾の鳥毛造船所に6時集合
雨は小降り、風は無い

礼儀正しい息子さんから挨拶を受けて出航!

雌島雄島でのキス釣りから開始

オラは先回の事、反省し、生きの良いアオムシを300円買ってきた
仕掛けは、先回良かったので、3本針を2セット、自作してきた

すると・・・

釣れるわ釣れるわ

トリプル、ダブルのオンパレード
ピンギスも混じるが、1時間で30匹

ところが、調子よく流している傍で、猟師がサシアミを入れやがった
タキやんもオラもアミに仕掛けを取られやり辛くなった

ポイントを変えると、釣果は落ち、エサが無くなったところで終了
2時間ちょっとで、オラは47匹
タキやん親子は2人で40匹位だろう

さて、アジ釣り
最近、アジは釣れても数匹どまりで絶不調
しかし福浦
されど福浦

福浦に向かう途中も10mちょっとの浅場で、魚影が目につく
期待ほどではないが、少し福浦にも魚影が・・・

水深20mの瀬でアンカーを入れ開始
オラは天秤ふかせ3本針(全長4m)と、
これも自作の胴付き6本針(白フラッシャ)、針は双方12号

一発で入れ食いモード突入
天秤ふかせ3本針には、大アジが3本付いてきた
(取り込みで1匹は逃がした・・・悔しい)
同時に、胴付きの竿も穂先が海に突っ込む

まあ、入れ食いモードは10分くらいで去ったが、その後もそれなりに退屈せず釣れた
オラは、アジ18匹、小タイ(25cm)2匹
タキやん親子も十匹は越しただろう

しかし、その間、オラは胴付きの竿がガツンと突っ込んだかと思うと、戻ってシーン
上げて見ると、針が一本だけになって、幹糸が切られていた
枝糸1.5号20cm、幹糸3号か4号・・・なんだったんだろう・・・

以上、何よりもタキやん親子に満足してもらえて良かった!良かった!

アカイカのエサ(キス)はもう十分だあ!

アカイカ早く来ないかなあ

2008年07月22日

アカイカ釣りのエサ釣り(キス釣り)

アカイカが来な〜〜い
太平洋側は、アカイカが釣れているようだ
北陸は若狭湾でボチボチ
加賀・橋立では、幻のウワサが有るとか無いとか

もう我慢できず、今週末(26日)、
アカイカ釣らせろ!とM丸に予約を入れた。

そして、今回もアカイカ釣りのエサを釣る(已むを得ぬ)

メンバー集めをケンさんに任せたら騙された
マツさんが19日に行こうというが、20日はカズさん(お客さん)が来

るというので、お客さんを優先させた。

お客さんを優先するのは、暁会の会計が苦しいからだ
パチンコ屋にご奉仕しているケンさんはそんなこと無頓着

20日、ケンさんを迎えに行き、カズさんを途中で拾おうとすると
カズさん来なくなった
今日は2人・・・マツさんが可愛そう・・・

さて、だからとて、途中で引き返すはずはない
この暑い中、集合5時、出航6時とするのも、何を考えとるんじゃい

しかし、釣りでもそうだが、ケンさんは運が良い人
なんと、雨まで降り出す
釣りの邪魔にならぬ程度の雨は、涼しくて歓迎だ

先ずは、キス釣り
先週13日は「ドタカ」さんのドタキャンのお陰で釣りは中止になった

9日に行ったマツさんとのキス釣りで残ったアオムシ
流石に10日も経って、わずかに動くが、グッタリしている

ケンさんは昨日買ったゴカイ
見るからに、元気一杯のゴカイ

さあ、勝負
先回はマツさんにキス釣りで負けたが、ケンさんに負けるハズがない
オラは自信があるのだ!しかし

このグッタリしたアオムシ
形もあるような無いような酷さ

釣り始めると、ケンさん7匹、オラ1匹とあっと言う間に差を付けられた
いくら何でも駄目か・・・

「ゴカイ分けてください」と頭を下げる

結果、ケンさん25匹、オラ18匹でエサが無くなり終了

後はアジ釣り
福浦に魚影が無いとケンさんの判断で小口へ
粘れども、結果としてケンさんが外道でウマヅラ1匹

福浦に戻り、やってみると
オラがアジ4匹、ケンさんボーズ

朝方、小雨、曇りだったが、日中は日差しが戻り
暑い!暑い!

さあ!今週末はアカイカ来い来い!


2008年07月09日

アカイカ釣りのエサ、2人キス釣り大会

2人キス釣り大会
アカイカ釣りのエサの確保も兼ねて・・・

負ける気がしないアッシ
「勝ちます」と宣言するマツさん
暁丸キス釣りチャンピョンのマツさん

さて、どうなったか?

一人50匹は釣るぞー・・・が合言葉

マツさんにしては早く5時集合
6時には海に出る

暁丸を軽快に走らせてると「キスから釣るよね?」
とマツさんが念を入れてくる

アッシもそのつもり
一番近い雌島雄島で開始

すると、マツさんの段取り!(怒)
前回、アッシのやり方を教えてしまった
しかし、前回「絶対マネしません」と言われホットした
これなら、意地でも別のやりかたでしてくるはずとタカをくくっていた

なのに、遠慮会釈もなくマネしてる
ちゃんと、道具まで準備してきて・・・
「良いことはマネせんとならん」とノタマウのだ!

しゃーない
教えたアッシが悪いのよ
でも、釣り方まではマネできまいて・・・

雄島の東側を流す
一番のポイントだ

2人とも快調に釣れる
しかし、面白いことに、鉄砲キスとピンキスという両極端な釣果
一流しで数匹・・・コイツァー50匹クリアできそうだ

しかし、二流し、三流しとだんだん釣果が落ちてくる
釣れたところを何度も攻めるのがセオリ
しかし、魚釣りには、スレルという言葉も一方ではある

魚が賢くなり、警戒しだして、食わなくなることを言う

そこで、流すラインを変えていく
しかし、釣果は思うほど上がらない

20匹に近づくと「もう飽きた」とマツさんが言い出す
今日は「キスだけ」
50匹釣ってやろう!
と申し合わせてきたのに・・・

その煙(発言)には、火元がある
ひとつは、ネガカリして、マツさんは天秤、錘もろともロストしたこと
もうひとつは・・・

まあ、これだけで一回分の日誌になるので手みじかに・・・はい

佐藤が貸してあげた仕掛け
針が6号と小さく、釣果が悪かったので、早々に使うのをやめて置いておいた仕掛け
これで使って、マツさんは、それなりに釣果を上げだす・・・

そして、デカイ一尾が掛かかる
しかし、喜び過ぎ、我がの手のひらまで釣ってしまったのだ

イテェーイテェーと吠えるので、そんじゃ荒療治と、アッシがペンチを出して、エイッと引き抜く

血がドバーと出た。キズ絆創膏を出して手当てして一件落着

「ところで、でかいキス見せて」とアッシ
「ありゃ、おらん、どこ行った」とマツさん
結果、どこを探しても出てこない

二人は、ボートの排水口をじっと見つめる

はい
と言うことでした!

そういうわけで、「気分直しにアジ釣りしますか?」と福浦へ
そして、小口へ(ウロウロするのは釣れなかった証拠ですねー)

よーっし、キス釣り再開!
「もう元気ない」とマツさん
ポイントを変えてアジ狙いし今日は終了

結果、
マツさん、キス21、アジ4
アッシは、キス16、アジ0

乾杯(完敗)!
アカイカ釣りのエサ確保できました

イカ釣りボート暁丸

追記、帰って油断してたら、アッシのキスは全部頭を落とされてました
かあちゃん、いつも捌いてくれてありがとう!
当然、アッシの機嫌は翌日まで尾を引きました

2008年06月28日

イカ釣り番外(キス釣り)

アジが釣れぬ・・・
調べると、去年もこの時期にぼやいている

さて、ケンさんが職場で誘ってきたお客さん2人

先週は荒天を強行し七尾の鳥毛さんまで行ったが、
諦めて引き返すことになった。

そこで、今週は同じメンバーでリベンジすると意気込んでいる。
そして、私にも行きますか?と聞いてきた

オラ(サトチャン)は暁丸のオーナーなのに遠慮しろってか!
色々考えた結果、オラが悩むことじゃないとの考えに至った。

結果、お客さん2人にまっつぁん、ケンさん、オラの5人で出航

釣り座をどうするのか黙って見てると、ケンさん船首に行き、お客さんと3人で座り込んだ

まあ、それなら許したるわい

さて、釣りの話し

マダイは終わったので、今日はアジとキス狙い

先ずはアジ釣りに小口の沖へ

早々にサトチャンがアジを2匹GET

その後、もう2匹(2回)来たが、水面下で逃げられた(へたくそ)

イズミさんが小さいハチメ1匹、カズさんがエソ1、ハゼ2で、
アジは全く釣れなかった。

福浦に来ても変わらず、魚信なし!

去年のこの時期、釣れていたアジが釣れなくなっている

キス釣りで気分なおしましょう!とサトチャンが声をかけて寺島に移動

今日は東風なので、島影から流す

サトチャン快調にキスGET

しかし、サイズがちいさい(大きくない)ので不満

流すラインを10mずつ、ずらしながら今日のポイントを探っていく

結果、イズミさん0、カズさん1、ケンさん2、まっつぁん2、サトチャン8匹

まあ、悪い釣果ながら、この差は実力ですねー(執筆者は好きなこと書ける)

以上、ストレスを貯める釣行になりました。

さーて、いよいよ7月。

アカイカのシーズンです。

次回はアカイカの報告を速攻でしようと思います!

イカ釣りボート暁丸

2008年06月24日

イカ釣り番外(キス釣り)

キス15、その他.jpg

25cm鉄砲.jpg


久々にキス釣り

釣り日和は、釣りをしないで何をする
久々に一人で出ました

夜中2:45に目が覚めてしまい4時には海の上
アジを狙うが、なんと11時まで、あちこちウロウロして一匹も釣れぬ

アタリもない始末なのだ
結果、25cmくらいのクロゾイが一匹と手のひら鯛が一匹
どちらも胴付きで来た(天秤ふかせには来なかった)

7時間も何してたんでしょう
一人釣行すると必ず爆釣する過去の実績はこれで終わりか・・・

まあ、今日のもうひとつの狙いのキスが有るさ
昨年、開眼したキス釣りだあ

アジに未練が残るので、雌島雄島まで戻らず、寺島周りで開始
寺島周りでも得意の「島影ポイント」へ
今日は西風なので、いつもの東風(あえの風)と違い少々流し辛い

一人なので左舷右舷の双方に竿を出す
置き竿でキス釣りは邪道かも知れぬが、釣り座を遊ばせて置くのはもったいない

一本はエギングロッドを使っている
2.4mなので、湾内の五目釣りに扱いやすい
キスはこの竿でいつも釣っている

もう一本は、リーディングXA55でやってみた
シゲさんが良くキス釣りに使っていたから・・・しかも置き竿で
シゲさんのキス釣りはいつも置き竿
でも、十分に釣るから憎い

そういえば、このムーティングショートロッドで、イカ釣りヤリイカスルメイカ)を、
これも置き竿でやるから、釣りは人それぞれだ

キス釣りに戻して、
アオムシを刺して仕掛けを放り込むと、1分もしないでかかってくる
ベラ、フグ、スズメ・・・

我慢して流すと、本命のキスがきましたきました
さらに、置き竿にしておいたリーディングXA55もガンガン引いて?ビビッテる
獲り込むとデカイ!鉄砲キスだ

その後、風向きも北風に変わり釣れたポイントを流し辛くなったが結果、15匹GET。
15匹で止めたのは、未だアジに未練があるのだ

13時、もう一度、福浦に戻る
今日の満潮は12時丁度だったからだ
潮止まり前後をキス釣りに当て、潮が逆に動くのを狙ったわけだが、机上の空論だった。

福浦でもう1時間、頑張ったが、まったく魚信なし!
今日は、アジには完全に見放されました

キスの刺身は淡白すぎるので、あまり好きでない
そこで、自作のカルパッチョソースで食べると、美味しゅうございました!

後は、塩焼き、てんぷらで、3日分の食費が浮きました

イカ釣りボート暁丸

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。